空港の物流を支える真のセイフティーファースト 三洋グループのグランドハンドリング

業務内容

  • HOME »
  • 業務内容

business_title

 2012年12月、開港以来の国際航空貨物量が5,000万トンを超えた成田国際空港は世界の空港の中でも上位にランクインする貿易港である。その成田国際空港において、日本郵船グループの空運部門を担当する日本貨物航空株式会社(NCA)は、貨物専用大型機ボーイング747-8F(新型ジャンボ)を運航する日本を代表する貨物輸送専用の航空会社です。
 弊社は、NCA社の航空機への搭降載業務および上屋業務を担当させて頂いています。

航空機への搭降載作業

 航空輸送において航空会社は、到着から出発までに特殊な車両を使用した地上作業のサービスや、航空機内のULDロック作業などを就航する空港にて行わなければなりません。この地上サービスを総称して「グランドハンドリング」と呼ばれています。
 運航便は、空港に到着し出発するまでの時間を可能な限り短時間にする為に空港での作業時間(ステイタイム)を短くすることで、航空機の稼動率を高め、収益向上を図っております。グランドハンドリングを運営する当社は、そのような航空会社の要望に応えるため、安全かつ迅速な空港サービスを提供しなければならないのです。

business_tousai_01

business_tousai_02

搭載上屋での貨物受託

 輸出貨物においては、各方面(保税蔵置場等)よりトラックでNCA社便搭載予定貨物が成田空港へ搬入される輸出貨物をフォークリフトで取り卸しを行い、貨物の搬入確認作業を実施します。実施後、上屋内に仮蔵置して積み付け作業まで保管します。

ULD積み付け業務

 仮蔵置された輸出貨物を航空機に搭載するために、航空機専用パレットや航空機専用コンテナに積み付ける業務を行っています。その一連の作業をULD(Unit Load Device)積み付けと言います。専用器材も豊富で顧客ニーズに対応する準備が出来ています。
 最終的な工程であるネッティング業務は、新入社員が初めに手掛ける業務ですが、重要な業務です。

business_uld_02

business_uld_01

その他付随する空港地上業務

 コックピット内の清掃、翼端監視、機材セット、荷役車両誘導作業、現場コントロール等を行っています。

business_ohter

三洋グループリンク

  • banner_kaiji
  • banner_grand
  • banner_grand
  • banner_grand
  • banner_grand
PAGETOP
Copyright © 2015 Sanyo Air Service co.,Ltd. All Rights Reserved.